2008年7月



<< 2008年6月
2008年8月 >>

 

   2008年7月1日   


  小説 1   ◆参考

 

  ようやく最近になって気付いたことがある。
  皆は、私たちのことを妬んでいたのだ。

 −−−−−−−−−

  彼は必死に勉強した。そして、30歳を過ぎて、司法試験に合格した。司法試験に合格したら、司法修習というパラダイスがあるはずだった。ドラマ『ビギナー』の世界だ。受験時代に見ていたドラマの世界を思い描き、司法試験に合格したら薔薇色の生活が始まると、彼は確信していた。

  しかし、ミムラも奥菜恵も松雪泰子もそこにはいないし、彼もオダギリジョーではなかった。彼には、楽しそうに球技に興じる若々しい修習生に混ざる体力もないし、合コン話や法律議論に加わる社会性もなかった。

  和光市駅から歩いて半時間かかるところに研修所はあり、研修所内に司法修習生の寮がある。病室のように明るい色で塗沫された部屋の窓側に固定式の机が鎮座し、研修所に来て間もない4月中旬の夜には足元が冷える構造になっている。朝の陰雨から一転して夕晴れとなった5月中旬の夜、まだ足元の冷える寮の自室の机の前に座って彼は黙考し、終に結論を見た。

 −−−−−−−−−

  私はここに来てから、ずっと考えていた。どうして彼女は私に無関心な素振りをするのか。どうして彼女はあんな低俗な奴らに迎合し、彼等なんかと行動するのか。これは現在の私に与えられた難問であり、解明すべき重要事項であろう。

  彼女の名前は乙野華子という。彼女はいかにも若手の合格者といった感じで、世間の事など何も知らずにただひたすらに勉強してここに辿り着いたのだろう。ここに来るまで様々な苦労をして、コンビニのバイトや塾講師をして世間の裏側を見て来た末に、高尚な精神と含蓄ある世間知を得るに至った私からすると、彼女など本来は何の興味も持ち得ないところである。

  研修所の入所日、私は指定された教室の席に付いたところ、私の斜め前の席に彼女は座っていた。私が席につき、ふと彼女のほうを見たとき、彼女は私に向かって会釈し、微笑んだ。席順表を見つつ、「甲山さん…、ですね。乙野です。どうぞよろしくお願いします。」と言った時の彼女の笑顔は、私にだけ向けられていた。そんなやり取りがあったことから、やむなく私は彼女を見守ることに決めたのだ。

  私は彼女の理解に努めた。私は実に真面目な男だと思う。彼女の名簿の記載事項を全部暗記したのは当然として、彼女の部屋番号、彼女の修習生の中の交友関係、彼女が着回している3着のスーツの全ての色と形、さらには彼女がいつも昼食の弁当のオレンジを食べないことまで調査済みだ。ただし、これは純粋な研究であり、私に与えられた難問の解決に向けられたものであるから、私は決して不審者などではない。

  しかし、どうしたことか、初日以来、彼女は私に話しかけて来ない。彼女の話し相手になっているのは、修習後にグラウンドで野球やサッカーに興じている、唾棄すべき若者連中だ。私の高尚な精神は誰もが認めざるを得ない次元に達しているというのに、何故彼女は私に無関心なのか。いや、無関心を装っているだけだ。

  私は考えているうちに冷えた机に額を付けて寝てしまっていたようだ。膝や足先が冷え、頭は夢見心地なところで、彼はふと思った。彼らが私を妬んでいて、彼女が無関心を装っているだけだとしたらどうなのか。

 −−−−−−−−−

  その日の彼の頭髪は、切り揃えられた揉上、ポマード、七三分けという要素を一つずつ取り上げることをせずとも、何かが違うことは一目瞭然だった。彼の髪型を一言で表現するなら『昭和』とでも言うべきか。でも、誰もそのことに触れなかった。ひょっとしたら、気付かなかったというべきかも知れない。

  しかし、彼には考えがあった。熟考の末に辿り着いた結果なのか、起案に疲れ切った果てに夢心地に導かれてその続きの考えなのかは分からないが、とにかく考えた末にその髪型があったようだ。

 −−−−−−−−−

 

 (続く)

 


 

   2008年7月4日   


  小説 2

 

  皆が私を妬んでいるに過ぎないということは分かった。そうは言っても、私はどうすればいいのか。

  私が俗物であるかのように装い、私が彼らの輪に混ざり、彼らを懐柔するというのも一つの方法かも知れない。しかし、わざわざ私が彼らの次元に降りて行って遣る必要性は存在しない。そもそも、彼らに私の高尚な精神を理解するだけの素養があるものか、疑問だ。彼らの瑕疵ある精神構造では、私の高尚な精神を理解するにあまりに膨大な時間を費やすことだろう。そのような長きに亘って私がピエロを演じてやることもなかろう。

  とはいえ、彼女に私の高尚な精神の薫陶を受けさせ、ひいては彼女が私を理解、否、私を通して高尚な精神の理解をさせるにはどうすればいいのだろうか。私には些か荷が重いのではなかろうか。しかし、私以外の人間にこんな大事業を完遂するのは不可能であることもまた事実であろう。

  私の精神が常人の理解を遥か超越したものであるゆえ、この高尚な精神を知らしめるのは困難を極める。彼らが興じている球遊びに私が加わるなんて、もっての外だ。私は俗物どもの興じる遊戯の鍛錬を怠っていたため、千本安打まであと千本を要する状態である。また私は、圧倒的な弁論技術を持っている訳でもないから、巧みな話術で魅了するというのも無理だろう。私が高尚な精神を有していることは動かし難い事実なのに、それに甘んじて世俗人を満足させる技法を磨かなかったことが、これほどまでに痛手になろうとは、何たることだ!

  とはいえ、私にも俗人を惹き付ける技術が全くないわけではい。コンビニのPOSの取扱い方なんかは当然達人の域に達しているし、あと、塾講師で理科を教えていたときのおしべとめしべの説明は生徒たちに素晴らしく受けた。でも、残念ながら、いずれも披露する場面はなさそうだ。

  夕方、私はそんなことを考えながら樹林公園を抜け、駅へと続くバス通りを歩いていた。私の向かう先は、通り沿いの西大和団地の中にある、サンディという団地の住人御用達のスーパーだ。時折サンディで買い物をしている修習生を見掛けるが、大抵彼らは飲み物とかレトルト食品とかを買っているようだ。確かに寮には調理器具がないから、カップ麺とかしか食べられないようにも思えるだろうが、それは素人の考え方だ。私ほどのレベルに達すると、果物、焼き鳥、刺身、豆腐、納豆、胡瓜、シュウマイなどを購入し、充実した食生活を送れるのだ。

  そうだ、私はサンディの達人だ。私がいかにサンディを知り尽くしているか。敢えて買い物バッグを持参せずに十円を払ってレジ袋を購入し、部屋でゴミ袋として利用するというところまで計算している私の姿から、彼女は私の達人ぶりに気付き、驚くことだろう。とはいえ、これほどに複雑でかつレベルが高くなると、そう簡単に気付くものではないかも知れない。そうすると、サンディにとどまらず、さらに規模を大きく、サンディを中心とする西大和団地全体の精神性すら理解することを誇示すべきではないか。

  私はサンディを出て、団地の1階部分テナントを見渡した。いかにも昭和四五十年代に造成された団地にありがちな構造のテナントの中には、中華料理店『味蕾』の存在が一際目を引いた。そして、私は『味蕾』の先に目をやり、これだと確信した。赤青白の三色ねじり棒が回り、この昭和の名残のような店構え、そして何より『だんちのとこやさん』という命名。この存在感を理解するのは私を置いて他になく、これこそ私の求めているものだ。

  私は店を出た後、その日の夜は頭を洗わなかった。明日は、『だんちのとこやさん』に行った事実を何より如実に物語るこのヘアスタイルのままで教室に行かねばならない。私があの『だんちのとこやさん』に行ったことが知れ渡ると、さすがの彼らも動揺を隠せないだろう。そして彼女も私の奥の深さの片鱗を垣間見て、私に、いや、私の高尚な精神に惹かれることとなるだろう。彼女がどうしても私の高尚な精神を理解したいというのなら、私とて協力を惜しむ積もりはない。

  私はそう考えていた。それが、どうしたことか!

  翌日になって、教室に行っても、誰も私に話し掛けることはないし、彼ら俗物どもはまた週末の飲み会の話や法律談義、球技の話に明け暮れている。隣の席の古杉だけが、ふと「あれ甲山さん、髪形変えました?」なんて話し掛けてきた程度だ。私は彼らを誤解していたようである。これほどまでに彼らの感性が鈍磨しているとは、私も気付かなかった。

 −−−−−−−−−

  彼は失望していた。でも、彼は教室内に気軽に話せる人もいなかったし、教室の半数ぐらいの者が彼のことを認識していなかった。彼の名前と顔を知っていた残り半数の者も、彼の髪型なんて気に留めていなかったし、彼のことをよく知らなかった。もし彼の変化に気付いたとしても、彼の変化になど興味もないから、彼の頭髪の『昭和』に触れる必要もなかったのである。

  このとき、教室内に彼の理解者はいなかったのかも知れない。しかし、彼には仲間がいたのだ。彼は、この仲間に一縷の望みを託すことにした。

 −−−−−−−−−

 

 (続く)

 


 

   2008年7月28日   


 金のかかる女から金のかからない女に乗り換えることも「エコ替え」と言ってもいいと思う。





  << 2008年6月のログへ
   2008年8月のログへ >>

  << << [ Back to TOP ]