2007年5月



<< 2007年4月
2007年6月 >>

 

   2007年5月4日   


  ここからの話は若干汚い話ですので、お食事中の方は是非ともそのまま食事を食べながらお読みください。また、現在お食事中でない方も何か食べ物を持ってきて、それを食べながらお読みください。

  先日、東武東上線で池袋に向かうべく電車に乗り込んだところ、電車に乗り込んだ時点で微かにウンコのにおいがしました。乗り込んだ瞬間、いやだなあと思いつつまわりの乗客を見渡しましたが、誰もそんなことを気にしている素振りはありませんでした。

  電車が駅を出た後、僕は誰が犯人かを推理することにしました。無表情で雑誌を読んでいるサラリーマン風のあの人だろうか、それとも平気な顔して彼氏らしき男と話しているあの女性だろうか。ひょっとしたら眼鏡をかけて地味な感じのあの制服の女の子かもしれないし、座席に座って話しているおばさんたちも怪しい。そんなことを思っていると、僕のまわりにいた15人ぐらいの乗客が15分の1ずつ怪しく思えてきて、彼らが15分の1ずつウンコを漏らしているようにすら思えてきました。

  そうこうしているうちに次の駅が近づき、その頃には僕の鼻が順応して、ウンコのにおいを感じなくなって来ていました。そうか、みんな無関心でいられるのは嗅覚が順応してしまった結果なのかと納得していたところ、次の駅に到着しました。

  次の駅では、若い女性が一人乗ってきました。その女性は電車に乗った瞬間、若干眉をひそめるような表情をしたように感じました。そうそう、それ、気付くよね、なんて思って僕が女性を見ていると、その女性と目が合ってしまいました。これはかなりマズい状況です。この状況に無関心でいれば僕は16分の1の疑いをかけられるだけのはずだけど、不審な行動をとったらかなり高い蓋然性をもって疑いの目を向けられるではないか。ただでさえ外見がかなりアレな僕としては、かなりの危機的状況だと、僕は思いました。

  そんなふうに、ヤバイと感じて僕は、即座にその女性から目を逸らしました。しかし、よく考えると目を逸らしたその行動自体が怪しい行動なわけで、その女性の中で僕はきっと1分の1の疑いでもってウンコの発信源にされていたことでしょう。でも僕は、天地神明に誓って無実です。実が出てない、すなわち無実です。


 

   2007年5月5日   


 (今日のVARY)
  最近『すきま産業』という言葉の語感が気に入っている。それゆえ、ゆくゆくはすきま産業に従事したいと思っているのだが、『すきま産業』自体は特定の産業を指すものではなく、どんな業種のすきま産業をすべきか全く見当が付いていない。


 

   2007年5月6日   


  いつまで大阪府の知事をいじめたら、君ら、気が済むんだ!

  このセリフに妙にグッと来るものがありますが、このセリフを使うところがなさそうなので、ここに書いておきます。

  以上、今週のハイライト。パンパカパーン。


 

   2007年5月7日   


  多摩地方で新種のフクロウが発見されたら、タマフクロウと名付けられるのだろうか。


 

   2007年5月21日   


◆ ある空間から見た近況

1 最近グループ討論とかで、僕が話し出すとどういうわけかグループの人が若干僕の話を聞く態勢になります。僕はそういう感じのポジションの人間ではないので、ものすごく困惑しているわけですが、まあこんな状態は今日で終わるはずなので、ホッとしています。ようやく明日から元どおり、シュールな空間の住人に戻れることでしょう。

2 駅前のイトーヨーカドーで買い物をすると、レジで必ずポイントカードを持っているかと問われ、持っていないと答えると、触れてはいけないことを聞いてしまったかのように「失礼しました」と言われます。何か自分が店員に距離を置かれるべきかわいそうな人扱いされているような気分になり、この微妙な距離感が面白く感じられたりします。

3 土曜日に高円寺のカレー屋に行ったら、どう見ても日本人の店主のおばさんが、額に何か付けてインド風の装束を着ていました。そして、カレーを食べ終わって会計をした後、おばさんにポイントカードと一緒に名刺を渡され、「イノハラ(仮名)です、どうぞ宜しくお願い致します」と言われたとき、僕は意表を突かれてどうしていいのかわからず、とても悔しい思いをしました。これからこんな悔しい思いをしないように、インド風の日本人に名刺を渡されたときにどういう反応をすべきか、よく考えて行動するようにしたいと思います。


 

   2007年5月28日   


アリとキリギリス

 

 ◆ その1

  俺は霧山透(きりやま・とおる)。大学を卒業した後、中堅の家電メーカーの営業職で就職したんだけど、就職して3年目に会社を辞めた。俺が就職した頃はまだ景気が回復してなくて、就職活動してもなかなか内定が貰えなかった。あの頃の就職活動は今思い出してもホント、キツかった。やっとのことでちょっと地味な某家電メーカーに就職したんだけど、ダサい仕事をこのまま一生続けるのかと思うと耐えられなくなって、会社を辞めた。それからフリーター生活を続けてもう2年だ。

  今はフリーターをやってるけど、ただ何の目標も持たずにいるわけじゃない。俺は大学時代は演劇サークルに入っていて、座長もやっていた。その頃の人脈で、今はバイトの傍ら、小劇団に所属している。俺は親から仕送りを貰わずに生活をしてるし、役者になるって夢を持って生きてる。そんな今の俺は、営業やってた昔の俺より断然イカしてると思う。そういえば、高校時代の同級生に有村(ありむら)というガリ勉がいたけど、あいつは現役で国立大学に入ったものの、就職もせずに実家に引き篭もってニートになってるらしい。あんな人間にはなりたくないものだな。

 ◆ その2

  僕の名前は、有村勤(ありむら・つとむ)。僕は大学時代からコツコツと勉強を積み重ねて、28歳で司法試験に合格し、今は司法修習生だ。修習中ももちろん、コツコツと勉強をしている。講義が終わったらすぐに寮の自室に戻って勉強をする生活を送っている。僕からすれば、司法修習生が良き法曹になるために自己研鑽に努めることは当然の義務だ。僕は、裁判官になりたいと思っている。人を裁くという責任の重い仕事はきっとやりがいがあるはずだし、それに裁判官は憲法上身分が保障されているということも魅力だ。

  ちなみに、僕と同期の桐原(きりはら)君は、大学在学中に司法試験に合格したらしく、大手渉外事務所の内定を既に貰っているそうだ。桐原君は活動的な人で、平日にスポーツをやっている姿をよく見かけるし、休日は合コンに行ったり学生時代のバンド仲間とライブをやってたりするらしい。そんな彼が全く羨ましくないと言えば嘘になる。でも、大手事務所に行っても歯車としてコキ使われた挙句、その多くが放り出されるのがオチだ。だから10年後とか20年後のことを見通せば、桐原君のことが羨ましいとは全然思えない。

 ◆ その3

  俺の名前は、桐原遊(きりはら・ゆう)。職業は弁護士で、キャリアは今年で10年目になるかな。司法試験に受かって弁護士になってビッグになってやろうと思って、初めは大手事務所にいたんだけど、連日仕事漬けの事務所の方針が俺の肌に合わなくて事務所をやめた。生活水準は落とさないように見栄を張ってるけど、個人事務所の開設に当たって銀行から借り入れた金の返済で手一杯というのが実情だ。でも、仕事漬けだった頃に比べると、まだ今の俺は人間らしい生活をしてると思う。

  そういえば、大学の同期に在野(ありの)というのがいた。あいつは大学時代に地元の地方公務員試験を受けて、今は県庁で課長になったらしい。県庁の同期の中では出世頭なのだとか。でも、出世するということはそれだけコキ使われているに違いない。休みなんてロクにないんだろうな。俺はあんまり覚えてないんだけど、研修所時代の同期に有村(ありむら)とかいう地味な男がいて、そいつが働き詰めで任官8年目に過労死したって噂を聞いたっけ。在野もいつそうなるかわからないわけだし、結局俺が勝ち組ってことだろう。


 

   2007年5月29日   


  安倍晋三 様

  昨今悲痛な事件に接する機会が多くなりましたが、首相におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。私はつい先ほど、ZARDの坂井泉水さん逝去の訃報を耳にし、大変心を痛めておる次第であります。実は私はかねてよりZARDの熱烈なファンでして、もうファン暦十数年になります。最近は辛いことも多かったのですが、ZARDの『負けないで』を聞いては、生きる勇気を貰っていました。しかし、坂井さん亡き後、私には何の心の支えもありません。せめて、揺れる想いを体中に感じながら坂井泉水さんの後を追おうと思います。

  かしこ。

 

  松岡利勝 拝





  << 2007年4月のログへ
   2007年6月のログへ >>

  << << [ Back to TOP ]