2006年4月



<< 2006年3月
2006年5月 >>

 

   2006年4月1日   


  今日からニートになりました。

 

      ニート製薬

 

  というのがエイプリルフールのネタではないのがアレだな、アレ。そう、マンコ。


 

   2006年4月2日   


  カラオケの拍手ボタンの意義を考えたい。


 

   2006年4月3日   


  ジーコ監督からマンコ監督に代わったらマンコジャパンだ。


 

   2006年4月4日   


  野球部とかサッカー部とかのマネージャーの女という人種が、基本的に気に食わない。オマエ、部員のうち最低4〜5人とハメてるだろ、このヤリマンが!

  そういう感じの女子に相手にされない種類の人間の心の叫びである。お前ら、共感しろ!


 

   2006年4月5日   


  画像付きで報告しようと思っていたのですが、残念ながらパソコンとデジカメが不調で……。

  先月、「ま。」から卒業祝いとやらが我が家に届いたのですが、「ま。」の品性の表れた逸品でした。これ、どう使えと言うんだ!

    「魅惑のナースセット18禁」 ナース服、帽子、聴診器、スキン、ローション、ローター

  あの、これ、俺のタブーに触れてると知って送ってきたのかね? 捨てるよ?


 

   2006年4月6日   


  おカーセックスか、カーおセックスか、どちらが文法的に正しいのか。


 

   2006年4月7日   


  最近、ダイハツのCMで「ワンダフルスモール」とか言っているのだが、これは俺のチ××に対する中傷か。訴えてやる!


 

   2006年4月8日   


  最近、というかここ一年ぐらい、私はブスというものについて考察してきました。まだ結論は出ておらず、その糸口すらまだまだ遠いと感じているのですが、少し思うままに語ってみようと思います。もし気が向けば、少しの間ご拝聴いただければ幸甚です。

  男と違って、というか、男以上に、女性はルックスに対してシビアな現実を突きつけられる機会が多いのではないでしょうか。おそらく、ほとんど全ての女子が、中学校に入る前には自分が美人なのかブスなのか、親や親戚、友人などの反応からある程度知ることになると思うのです。そして、美人であれば間違いなくいろんな場面で目立ち、あるいはトクをするということも、経験的に知るはずです。

  もちろん、服装や、大人になって覚える化粧や、立ち居振舞いで、ある程度変わることはできます。でも、普通レベルの女性がどんなに頑張っても、生まれ持っての美人に敵わないことも多いはずです。また、どれほど努力してもその努力を無にしてくれるほどアレなルックスを天から与えられた女性もいます。麻雀でいうと十三不塔というやつです。こういう女性は、何を救いに生きていくべきなのでしょうか。

  私はこのことについていろいろ考えました。ルックスの事は忘れて日々楽しく生きる、柔道を極めて野球選手と結婚する、ミスコンに反対するブスコンの人になる、日本人の顔の違いがわからないどこかの未開地とかでモテモテ生活を送る。どれもその人個人の一時の救いにつながるかもしれない。しかし、あの彼女が美人でその彼女がブスだと、社会でそれ相応の扱いを受けるわけで、その現状が変わるわけではなく、その現状に目を塞いで知らないふりをしているだけじゃないかって、私は思うわけです。

  私がこういう事を考えるきっかけになったのは、それ以前に何年間か、童貞論についていろいろ考えていて、その問題に一段落がついたことでした。私も童貞時代が長かったし、いまだに女性とのコミュニケーションが苦手です。それゆえ、というべきかはわかりませんが、童貞について書かれた書物などを探し当て、読み、考えました。このことについて考える以前、童貞時代が長かったことなどは、コンプレックスの一種だったように思えます。でも、童貞時代に考えたこと、やったことは、確かにものすごくバカらしいことだけれども、それが自分の原点であり、自分を形成するうえでむちゃくちゃ貴重なものでした。むしろ、童貞時代にやった無計画なチャリ琵琶湖一周とか、絶対もう本気で出来ないだろうと思い、「童貞」というものはコンプレックスどころかものすごく価値のあるものではないかと思ったわけです。童貞時代にやったことがその人の人生を形成し、童貞魂を忘れないことが本当に豊かな人生を送るために重要なことだと、そんなことに気付き始めた矢先、じゃあ女性はどうなのかと、ふと思ったのです。

  そこで、童貞と処女は非対称ということに気付きました。社会的価値として、処女は高く、童貞は低い。それゆえに「処女論」には興味がわかなかったのですが、どうしても処女を捨てられず誰にも相手にされずに来た女性というのはどうなのか、と思い至りました。そのあたりからさらに対象が広がり、ブスであることに価値はあるのか、童貞に価値が見出せたのと同様には行かないのではないかと、そんなことを考え出したわけです。

  皆さん、ご入学おめでとう。今年度、わが校に284名の新高校1年生となる新入生諸君を迎えることとなり、私は非常に喜ばしく思っております。皆さんは入学試験および内申書の審査を経て、見事わが校に合格しました。これは皆さんの努力の成果であり、皆さんにはこの努力の結果を誇りに思っていただきたい。しかし、皆さんの生まれ持ったルックスについて、校長として私は、残念ながらどうしてあげることもできません。しかし3年間の高校生活で、そんなことに向き合いながら、強く生きてほしいと、心より願っております。


 

   2006年4月9日   


  2,3-dimethyl-6,9-onanie


 

   2006年4月10日  


  小倉智昭は、全国区のキダタローだ。そして、なにわのモーツァルトは、関西のパンチョ伊東だ。


 

   2006年4月11日  


  奈良医科鹿大学


 

   2006年4月12日  


  中継ぎ・抑えのジェフ・ウイリアムス、藤川、久保田でJFKだというのなら、先発陣の下柳、江草、オクスプリングでSEXというべきじゃないだろうか。


 

   2006年4月13日  


  はーい、オマリーでおま。阪神甲子園球場では、オマリーをオナニーと間違えたらあきまへーん。


 

   2006年4月14日  


  王シュレットで大人げなく怒った件については、この前のWBC優勝で水に流してやる。でも、バース敬遠の件はまだ許さん。みんな忘れても、俺は覚えとるからな。

 

    


 

   2006年4月15日  


  確かに、甘くないと思う。でもな、俺のマラだけ、スイーツだということにしておかないかね?


 

   2006年4月16日  


  山村紅葉みたいに、長谷川町子の遺族がサザエさんの声の出演をするとか、そういう愉快なことってないかな?


 

   2006年4月17日  


  橋田ファミリーも、ファミリー割引を利用すべきだ。


 

   2006年4月18日  


  「オッパイ星人」という言い方は、『幕張』に毒されている! これからは、「ムネオ」と改める!


 

   2006年4月19日  


  カウントダウンTVをご覧の皆さん、こんばんは。WANDSです。今日はニューアルバム『時の扉』から全曲少しづつ聞いていただくはずだったのですが、やっぱりやめて僕が今思いついた歌をこの場で歌ってみたいと思います。では、聞いてください。どうぞ。

   ♪ ギター片手に俺たち 愛とか恋とか歌ってるけど
   ♪ 本当に君に伝えたいのは そんなことじゃないんだ
   ♪ お願いだから 聴いて欲しい
   ♪ 愛しいキミに 聴いて欲しい

   ♪ プロデューサーもスポンサーも 言わせてはくれない 
   ♪ 俺が本当に 伝えたいのは

  (サビ)
   ♪ Ah〜 淀川の水には 俺の尿が混ざってるかもしれへんねん〜
   ♪ Ah〜 大塩平八郎の尿も 混ざってるかもしれへんねん〜
   ♪ そりゃ 大塩平八郎の乱もおこるわな〜 (乱交やわな〜)
   ♪ ビキニラインの為に剃った 毛をくれ ベイべー


 

WANDSのみなさーん、ありがとうございましたー!
CMのあとは、新曲満載の10位から4位だよ〜!


 

   2006年4月20日  




  「鯨が潮を吹く」って、子供に教えられなくなる日が来るはずだ。


 

   2006年4月21日  


  「♪舐めたらアカン〜舐めたらアカン〜」って、誰が天童よしみなんかにクンニするかって話だよな! な、そうだろ?


 

   2006年4月22日  


  若手芸人ブームの次は、中年AV女優ブームが来る(日経トレンド)


 

   2006年4月23日  


  デーブ・スペクターはアメリカ人だった (東京スポーツ)


 

   2006年4月24日  


  KAT-TUN 新メンバー・三國連太郎さんロングインタビュー (月刊アサヒ芸能)


 

   2006年4月25日  


  エビちゃんOL v.s. 藍ちゃんゴルファー(CanCam)


 

   2006年4月26日  


  エビちゃんOL v.s. 高田モンスター軍(月刊プロレス)


 

   2006年4月27日  


  猫ひろし ニャンニャン写真流出 (BUBKA)


 

   2006年4月28日  


  カップ de カレーのCM

 



* 「課長、一緒に食べませんか?」

(ほわわわわぁ〜ん……)

課長「一緒に………」

 




* 「はーい、パンと一緒に食べると最高ですよ!」

課長「あ、パンと…、ね…」

 

  これに文句を言うのはベタだというのはわかっている。でも、言わずにはいられない、この女が不快だと。もしわざと中年課長のロマンを踏みにじっているのなら許されることじゃないし、天然だとするとそれもどうかという話じゃないかと思う。どちらにせよ、課長の3分の1の純情な感情は空回りですよ。そんなわけで、TAKE2、アクション!

 



* 「課長、一緒に食べませんか?」

(ほわわわわぁ〜ん……)

課長「一緒に………」

 




* 「はーい、カレーを私の体に塗りたくって、さらにパンを私のあそこに挿入すると最高ですよ!」

 

  俺だって、こんな世の中が来るとは思っちゃいないさ。そして、こんなベタでウケるとも思っちゃいない。でも、それをわかっていても、敢えて言わなきゃいけないことがある。言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンってやつですよ! そうでしょ?!


 

   2006年4月29日  


  このサイトの過去ログは、日付が記載されていて日記のような体裁になっているが、あまりそうではなく、厳格な運用をしていない。しかし、そのいい加減さこそが、このサイトがわりと長持ちしている理由だと思う。ただ、実際の日付より20日も先のログを書いたことはこれまでなかったのではないかと思う。


 

   2006年4月30日  


  以上、4月10日に記載。一日で一か月分のログを作った僕は、エライと思う。





  << 2006年3月のログへ
   2006年5月のログへ >>

  << << [ Back to TOP ]