2006年3月



<< 2006年2月
2006年4月 >>

 

   2006年3月1日   


   『試みの水平線』とは    北村謙三

 

  おい、小僧ども! たった一つだけ、この俺になくてお前ら小僧どもが持っているものって、何だかわかるか? それはな、若さだ。俺ほどの男であっても、「若さ」というものはもうどうやっても手に入らないものなのだ。「若さ」とは、無知の裏返しでもある。馬鹿らしいし、恥ずかしい事だ。しかし無知で馬鹿ゆえに、ひたむきに、ただやみくもに、進み続けることができるのだ。

 

  少し抽象的な話をしよう。人生には様々な困難が待ち受けている。生きるということは本来、いわば荒海に船を乗り出すようなものである。沖合に出てみるともう水平線しか見えない。漕げども漕げども見えるのは水平線である。そうだとすると、水平線に向かって漕ぎ出すことは無意味なことなのだろうか。いや、そうではない。見える景色は同じように見えるかもしれないが、確実にどこかに進んでいる。水平線に向かってただひたすら漕いで漕いで漕ぎ続けることに意味があるのであり、どこに行き着くかなんて、漕ぎ続けた結果にすぎない。ただひたすら漕ぎ続けることこそが「若さ」の特権なのだ!

 

  小僧どもには少し難しかったかも知れんので、具体的な話に戻そう。若者は精力が有り余っているから、オナニーをしていてコイてもコイてもまだまだイケるのであり、それこそ「若さ」の特権だということだ。わかったか、小僧ども!

 

※ 北村謙三先生への相談、応援のメールはこちらまで。


 

   2006年3月5日   


 (今日のVARY)
  「カバオくん、お父さんのバイブ、めっかった?」

S農 コメント
  「お父さんのバイブ」というのは社会通念に反すると思います。バイブは通常母親所有と認定するのが妥当ではないでしょうか。


 

   2006年3月8日   


試みの水平線 7 (Cold Dog Press編集部)



[相談者] L・Lさん (男性・19歳)

僕は小さい頃から太っていて、今では体重が90キロあります。
太っているということもあって運動も苦手で、高校時代までずっと
女の子にモテたことがありませんでした。
そんなわけで彼女とかほとんど諦めかけていたのですが、
大学に入って奇跡的にバイトで彼女ができ、
付き合って3ヶ月が過ぎました。

僕の告白に頷いてくれ、付き合い始めた時は本当に幸せでしたが、
今では彼女のワガママに本当に困り果てています。
僕がいろいろ気を使わないと彼女はものすごく怒るし、
誕生日とか事あるごとに高いプレゼントをねだられます。
ちょっと嫌な顔をしようものなら叩かれ、
「アンタなんかと付き合ってやってること自体感謝しろ」
なんて言われるのです。

こんな僕に彼女ができた奇跡を喜ぶべきなのかも知れませんが、
こういう事を言われ続けて段々みじめな気持ちになって来ています。
でも、彼女と別れたらこの先、
僕にまた彼女なんて出来ないのではないかと思うと、
彼女に強く言うことが出来ません。

北村先生、僕はどうしたらいいのでしょうか。



-------------------------------------------------

男には水平線が必要だ! -- やせ我慢でもいい、男は誇り高く生きろ --


お前の話を聞いていて、俺は怒りを通り越して呆れたよ。
お前は豚だ!

俺はお前の体型から「豚」と言っているんじゃない。
豚というのは、人間が肉を食うために改良された、都合のいい動物だ。
皮を剥ぎ、肉を食うために育てられている。
お前は「彼女ができた」という僅かな餌に釣られて、
女に都合のいいように使われ、骨の髄まで利用されているのではないか。
彼女が出来たというささやかな満足感で目が曇っているのだろうが、
本質はそんなところだ。要するにお前は、女に飼われた豚に過ぎんのだ。

お前が豚である事を恥じるのであれば、誇りを持て!
嫌なことは嫌だと明確に意志を示し、それで彼女を失ったとしても
それはそれでよろしい。
ただし、女を失いそうになっても、
そいつの前で媚びたり泣いたり、恥ずかしい真似は絶対にするな。
部屋で一人、悔し涙を堪えながら俺にその旨報告を寄越してくれれば、
俺はお前を男と認めてやる。
その時は酒場に行って、バーボンで飲み明かそうじゃないか。
だから、自分に自信を、誇りを持て!

お前が太っている自分に誇りを持てないのであれば、
ダイエットでも何でもして、やせればいいじゃないか。
でも、お前の根本のところを変えないと、
ダイエットでやせたとしても、また別のコンプレックスで
同じ事を繰り返すのではないかと、俺は思う。

では、本当に変えるべき根本のところとは何かということになるが、
それは当然、男の根本とは男根であり、包茎手術をすべきということになる。
男女関係の根本であるセックスに自信を持てれば、
お前もきっと、男として自信を持てることだろう。

要するに、ダイエットしたりくだらん女に金や時間を使う前に、
金をためて包茎手術をし、ひとつ上野おとこになれということだ!



※ 北村謙三先生への相談、応援のメールはこちらまで。


 

   2006年3月10日  


  うまい棒をアソコに突っ込んでいて抜けなくなった人、誰かいる?


 

   2006年3月11日  


  PTAとSODだと、どちらのほうが中高生の真の味方といえるのだろうか。


 

   2006年3月12日  


 (今日のVARY)
  春といえばさくらの季節ですな。

ゲルベス コメント
  目に青姦 手ほどきをする 初マグロ


 

   2006年3月13日  


  最近、僕のYahoo!メールのアドレスの方に、メールがたくさん届いているようです。

 

     

  タイトルを見る限り、何でも、低金利(実質金利8.7%くらい)でお金を貸してくれたり、小遣いをくれた上にヤラせてくれる女性を完全無料で紹介してくれたり、僕の口座に入金してくれたりするそうです。いやあ、世の中には素敵な話があるものですね( [空にする] をクリックしながら)


 

   2006年3月14日  


     スカラー波  ホワイトデー


 

   2006年3月17日  


   「最近、欲求不満なんだよねー」

   「クゥーン」

    もし、この犬にインテル が入っていたら

 

   「ペロペロペロペロピチャピチャ……」

  (以下省略)


 

   2006年3月20日  



♪ ぼくらのー 自由フリーをー


♪ ぼくらのー 青春スーフリをー


 

   2006年3月21日  


  今日は昼の長さと夜の長さが同じ日。
  昼なら12時間、マラなら13cmといったところだな。


 

   2006年3月23日  


  山城新伍と行く 福井・越前かにツアー


 

   2006年3月25日  


 (今日のVARY)
  「真正身分」を「真性身分」と書く奴は、たぶん真性包茎だ。

S農 コメント
  なるほど、そうすると不真性不作為犯とは、ひとつ上野おとこになってない奴、ということですね。


 

   2006年3月28日  



  「生協の白石さん」が有名になって久しい。大学生協のひとことカードに対する生協職員の白石さんのしたコメントがネット上で話題となり、ついには本にまでなったというものだ。
  僕はずっと、「北村謙三・試みの水平線」というコーナーを掲載しているが、世の中の流れに合わせて「生協の白石さん」のパロディーを考えてみましょうか。

 

      性協のシモ石さん

 

(わたしもひとこと)

  最近、暖かくなってきて、すっかり春らしくなってきました。でも僕には彼女ができる気配どころか女性と話す機会すらあまりなく、僕には一向に春が来そうにありません。いつになったら桜前線は僕のところにまで北上してくれるのでしょうか。


   所属  工      おなまえ  サクラサケ

-------------------------------------------------------

  そうですか、春が来ませんか。
  春が向こうからやって来ないのなら、
  春を買ってみてはいかがでしょうか。
  ちなみに、いくら北上しても
  赤線はもうありませんね。

   担当  シモ石

 

  うーん、いま一つですね。では、こういうのはどうでしょうか。

 

      ノーコメント

 

  企画・画像ともに差し上げますので、誰かやってみませんか?


 

   2006年3月30日  


  バファリンの半分がやらしさでできていたっていいんじゃないか。





  << 2006年2月のログへ
   2006年4月のログへ >>

  << << [ Back to TOP ]