2006年1月



<< 2005年12月
2006年2月 >>

 

   2006年1月1日   


  明●ましておめことう!金玉新年!

  今年も女性からの年賀状が一枚もありません。
  どうしてそうなるのか、理由が全く思い当たりません。


 

   2006年1月2日   


  今年の年賀状は3パターン作成しました。今年は画像を全く使わない、極めてシンプルでマトモな仕上がりとなりました。皆様のお手許にはどのパターンが届いたでしょうか。

【パターン1】

ましてめでとう」って、一体何がどうめでたいというのか。綺麗な女の股を開けたらそれはでたいことに違いなかろうが、年が明けた程度のことで別段めでたいとなどないはずだろう。1月1日も6月9日も同じ365日のうちの1日に過ぎない。それにも拘らず、どうして年が明けたと言って無批判に毎年毎年同じ正月行事を繰り返し、年末収録済みのくだらない正月番組を見て、だらけた時間を過ごさねばならないのか。だいたい、正月の妙に緩い時間の流れが気に喰わない。クリスマスイルミネーションで電力の浪費をし、イベント化・商業化を徹底的に煽る我が国のクリスマスもどうかとは思うが、このだらけた年始モードより幾分マシなのではないかとさえ思えてならない。繰り返すが、年明けも1年に365回ないし366回ある夜明けのうちの1回と何ら変わりはいのである。そんな普通の日である1月1日に届けることになっている年賀状には「謹賀新年」とか「明けましておでとう」とか書く決まりになっているようだが、はっきり言ってこんなフレーズに何の意味もない。「今年もよろしく」って、何をどうよろしくするのか、こんな漠然とし抽象論でコミュニケーションができると言うのなら入試科目に国語は要らない。だから僕は「明けまして〜」といった定型句は書かなし、そう書いてしまった諸君はこれを機にマンネリ化した思考回路について内省してはいかがだろう。そういうわけで僕はそんな年始の我が国におけるマンネリズムを自ら問い直すべく、真摯にそういう趣旨のことを書き記そうと決意し、こうして深夜にパソコンに向ってこんな文章を書いているけど、毎年こんな奇を衒った年賀状を書いてること自体も進歩がないのではないかと、僕自身に厳しく問わばならないのかも知れない。それでもな
【嫌な年賀状2006】「内容が希薄なのに理屈っぽくてねちっこい正月説教」編

【パターン2】

い、兄ちゃん幾つや?そうか、ワシは今年で65になるんや。数えで66。それでもな、ワシにも兄ちゃんらみたいに若い頃があったんやで。ワシみたいなおっちゃんにも若い頃があったて、信じられへんやろ。え、そうやて?そこは「そんなことありませんよ」とか言うとくとこや。あええわ。ワシが兄ちゃんらの頃は、ようモテたで。今はもうアレや、アカンけどな。もうスナックとか行ったかて、おネエちゃんのトシ訊いたら、ワシの娘でもおかしないようなトシやもんな。え、「そんなことない、ワシも若い」て?おう兄ちゃん、わかってきたやないか。まあお世辞言うても何も出えへんけどな。で、兄ちゃん、正月ぐらいウチにおらでええんか。元旦はな、一年の計って昔から言うてな、正月にええことしとったら一年無事にええ暮らしができますよ、そやから正月はお利口さんにしとけということや。おっちゃんようモノしっとるやろ。れが亀の甲より年の功っちゅうやつやな。まあ今日は正月なんやから、お母ちゃんが心配せん時間には帰ったらなあかんで。おっちゃんもこんなとこで飲んでるんやから一緒やて?おっちゃんはひとりもんやから、かまへんねん。まあ気楽なもんや。兄ちゃんらはちゃんと結婚せなお母ちゃん悲しむやろけどな。おっちゃんはもう慣れたし、正月からこんなとこで飲んどってもだ〜れにも怒られへん。ええで〜。まあ兄ちゃんらはこれからちゃんと可愛い嫁さん貰わなあかんけどな。ほんで兄ちゃんはアッチのほうはどうなんや。え?そらアカンわ。おっちゃんの若い頃はもっと積極的やったで〜。ホレ、隣の席にお姉ちゃんいるやん、ワシらやったらもう絶対話し掛けに行っとったもんやけどな。もう今はおっちゃんになってしもて、なんぼおネエちゃんに話し掛けたかてお金持ってへんかったらだーれも相手してくれへんようになってもうたけどな。兄ちゃんらも若いうちはしっかり頑張らなアカンやんか。若い頃なんてあっという間に
【嫌な年賀状2006】「正月早々の飲み屋で変なおっさんに話し掛けられる」編

【パターン3】

よく学校で二人一組を作るとき「好きなもの同士ペアになれ」ってやつあったやん。アレな、友達がらん奴は好きなもん同士やないねん、余りもん同士やねん。そこんとこ、みんなちゃんとわかってるんかな?俺はようわかるな。女どもがよくやってた「はないちもんめ」って遊びもそうや。二組に分かれてそれぞれの組が「○○ちゃんがほしい」「××ちゃんがほしい」とか言って一人ずつ取り合っていくやつな。そうするとしいには一人だけ片方の組に残される娘ってのがおるんや。一人対残り全員のはないちもんめ。残された子の心中を想像するだけで泣きそうにならんか?結局のところやな、好きなもんから取っていくっていうルールは、強者の自由やねん。みんなに不人気な余りもにとっては、自分がみんなに不人気であるという現実を痛感させられる状況なわけや。正月でもやな、兄弟の中でも友達や恋人と初詣とかに出かけるのもおれば、家で何もすることなくて家族でおせち突いて正月のぬるい特番見とるのもおる。そういう風景を見てワシは…て、あ、そうそう、年始の挨拶忘れとったな。明けましておめでとう。それで最初の話に戻るんやけどな、好きなもん同士組めってのは、友達がクラスにおらん奴にとってはホンマ過酷なとやねんぞ。そやけど、名簿順とかでペアを作ったら、そういう奴も嫌な思いせんで済むねん。料理でもやな、コース料理とか食べとったら、みんな余程嫌いな物やない限り順番に出てきた料理全部食べるやん。ところがバイキング料理になると人気の料理から順番になくなって行って、不人気の料理とか付け合わせの野菜なんかは残されて冷たくなってしもて、ますます誰も取らへん。おせちでもやな、みんなが好きな物を取っていいというのはある種の贅沢のように感じられるかも知れん。でもな、元旦にはまず派手な海老とかが売れていくやろ、そしたらもう3日あた
【嫌な年賀状2006】「重箱の隅に1月4日まで残された黒豆の心の叫び」編

 

  原版はワードで作成したものなので、お手許に届いた原版とここに掲載したHTML版とは若干異なる点があるかも知れませんが、基本的にはだいたい同じです。面白い年賀状を期待した皆様、大変申し訳ありません。実直な私の人柄からすると、この程度が限界です。


 

   2006年1月8日   


  満潮。干潮。やらしいと思う。


 

   2006年1月9日   


 (今日のVARY)
  エビちゃんOLに対抗して、オバちゃんOLというのを提唱しようと思っている。

ゲルベス コメント
  何をどう対抗するのか知りませんが、分野によっては勝てるのかも知れませんね。


 

   2006年1月13日   


  いつも烏丸四条あたりを歩いてると、消費者金融の制服を来たお姉さんが「こんにちは、ディックでーす」「ディックでーす、お願いしまーす」と言ってティッシュを配っている光景に出会うんだけど、僕はそのたびにディックのお姉さんの差し出すティッシュをよけつつ、もやもやとした思いを抱くわけですよ。女性社員に街中で「ディック」と言わせる消費者金融の会社の力とか、そもそも「ディックのお姉さん」って矛盾した言葉なのではないかとか、まあそんなことを頭をよぎるんです。一人でもやっとした思いを抱えるのもアレなんで皆さんにおすそ分けということで。


 

   2006年1月14日   


「なんか京都新聞の旗がいっぱい掛かってるなあ。」
「明日このへんで駅伝があるみたいですね。」
「それでふと思ったんやけどな、駅弁ファックに対抗して駅伝ファックというのを考えたんやけど、どうやろ。ベースは完全に駅伝なんやけど、ルールがちょっと違うねん。ランナーは全裸で、1区2区3区…で男・女・男…と、区間ごとに男女交互で走るねん。ほんで、たすきの受け渡しの代わりに、中継地点でファックをするわけや。このバトンの受け渡しをスムーズにするために、女性ランナーは中継地点で準備運動ではなくオナニーをしておくわけやな。」
「…、ホンマにしょーもないですね。ソフトオンデマンドにでも企画持ち込んでみたらどうですか。」
「アホか、これはな、日本陸連に持ち込むべき企画や。」
「まあ、そしたら、それで給水ポイントって、どんな液を補給するのかって感じですよね。」
「キミ、終わっとるな。」

 

  たぶん、ゲルベスとS農の会話だと思う。


 

   2006年1月16日   


  「プッ、オマエが美少女って、それは『美の少ない女』という意味か?」

  一度言ってみたいセリフなのですが、言う機会がありません。


 

   2006年1月18日   


  昨日は阪神大震災から11年、ライブドアに強制捜査、幼女連続殺人事件の宮崎勤に最高裁が死刑判決と、トップニュース級の出来事が立て続けにあり、改めてニュースの相対性というものを感じた。

  さらに昨日は、マンション耐震構造偽装問題に関して、ヒューザー小嶋社長の国会証人喚問も行われた。そしてその喚問が行われる前に、質問に立つ民主党議員は何か隠し玉を出すんじゃないかと言われていた。だとすると、隠し玉を出すというのは要するにおいなりさんポロリの事だろうから、大ニュースになるかと思いきや、証人喚問後そんな話を聞かない。一体、どうしてだろう。


 

   2006年1月19日   


  相変わらずマンコだのチンコだの言っている僕だけど、今年、30代の仲間入りをする。皆さんは子供の頃、自分がどんな大人になると思っていましたか。

    もうすぐ30才 ゆず

    Young Love(青春の終わりに) サザンオールスターズ

    イージュー★ライダー 奥田民生

  もう30歳になった人にも、まだ30歳になるまで猶予のある人にも、いずれもお薦めです。


 

   2006年1月22日   


  友人のT氏から、今後私からのメールは周囲に誰もいないときに確認する、との旨のメールが届けられた。これではまるで、私がT氏にいつも変なメールを送りつけているかのような言い方ではないか。そう思い、私はT氏に抗議すべく、メールを送信した。

 

件名 : Message from SkyMail
本文 :
  ↓
  おれが
  まるでへ
  んな
  こと言ったみたい
  ↑
  じゃないか

 

  その結果、私は倫理委員会にかけられるらしい。全く理解できん。


 

   2006年1月24日   


  能ある鷹は爪を隠してゴールデンフィンガー


 

   2006年1月25日   


  今日は学校に行って後輩に学部試験のためのノートコピーをたかり、その挙句に散々シモネタトークをしてきましたが、もうすぐ30才です。いつも少年のような心を持った若者というのは、こういう事を言うのだと実感しています。


 

   2006年1月26日   


 (今日のVARY)
  ギャング(アメフト部)の元部員どもが集団強姦容疑で逮捕されたそうだ。やはり『体育会系の奴らは人前で下半身を晒すことに抵抗のない獣と同視できるものだ』という俺の仮説は、正しかったといえそうだ。

S農 コメント
  ギャングはいつも農G(農学部グラウンド)で練習しているようですが、彼らは農Gの「G」を別のスポットと勘違いしていたのではないでしょうか。


 

   2006年1月27日   


 (今日のVARY)
  ギャングの連中はむしろ、農Gの「農」を別の変態の名前と勘違いしていたのではないか。むしろ、「ギャング」の集団強姦って、これのほうがギャグになるんじゃないか。


S農 コメント

      むしろ、ネタ的に笑えません。


 

   2006年1月31日   


  発売禁止になるのは、当然だと思う。

 

 

    





  << 2005年12月のログへ
   2006年2月のログへ >>

  << << [ Back to TOP ]