2005年3月



<< 2005年2月
2005年4月 >>

 

   2005年3月1日   


  電車の座席に座って、ふと眠りそうになったその時。

  ♪ シャーラララララ シャーラララララ 金色のライオン!

  私が驚いてふと目線を上げると、あわてて携帯の電源を切る中年の女性がいた。携帯の着うたに長渕を設定するおばさんの選曲もアレなんだけど、着うたというもの自体、人前で鳴り出したらかなり恥ずかしいものだと思う。

  思えばかつて、携帯の着メロに和音が登場した頃、和音で奏でられる着信音を聞いて何かゲーセンの機械の音楽みたいだと感じ、不恰好だと思ったものだった。しかし和音の携帯が普及するにつれ、いつの間にか着信音が単音の携帯を持ち続けていた私のほうが少数派となっていた。今、私は着うたに違和感を感じているけれども、ひょっとするとじきに着うた携帯のほうが主流になり、「お前、まだ『うたなし携帯』使ってるのか」と馬鹿にされる日が来るのだろうか。

  まあ何にせよ、今の時点で私の携帯の着信音にはゴイステの『童貞ソーヤング』が設定されているわけで、これは着メロだろうが着うただろうがどちらにしても格好悪いんで、着うたが主流になろうとなるまいとどうでもいいところです。ただ、電車内で「一発ヤるまで死ねるか!」てな着うたが鳴り出したら悲劇的であることは間違いないだろう。


 

   2005年3月2日   


 (今日のS農)
  母親の違う兄弟のことを「腹違いの兄弟」とか言ったりしますが、この論理で行くと父親の違う兄弟は「マラ違いの兄弟」ということになるのでしょうか。

VARY コメント
  キミの論理で行くと、母親の違う兄弟のことは「ビラ違いの兄弟」ということになるのではないか。


 

   2005年3月3日   


  ひな祭りって、何かやらしくないか?

  おい、そこ! また変態がおかしな事を言い出したって、かわいそうな人を見る目でこっちを見ているオマエ! じゃあお前は生涯のうちでただの一度もいやらしい事を考えたことがないのか? 例えば街行く美女を見て、その洋服の下のメコンデルタを想像して……、ああ、想像だけじゃ我慢できん! ほうら、お嬢さんもご一緒に生まれたままの姿にィィィーーーー!!!

 刑事  「で、それが動機か?」
 VARY 「はい、被害者の女性には粗末なものを見せてしまい、大変申し訳ないと……」

  ええい、話がそれた! 話を元に戻そう。そう、ひな祭りですよ。ひな祭りのことを『桃の節句』って言うけど、桃の節句っすよ! もものセックっす!! 「もも」と言っても、ハイヒールモモコじゃなくって、あいだもも!! そんな感じだから『ひなあられ』という言葉を聞いても、お雛さまが(ひな)あられもない姿でお内裏さまを誘惑し…、なんて事を想像するのもごく自然の流れですよ。月に一回、女の子の日。年に一回、女の子のおまつりィィィーーーー!!!

 刑事  「お前、自分の言ってることがわかってるのか!」
 VARY 「すんません刑事さん、ほんの出来心なんっすよ……」

  こうして女の子のおまつりどころか、女の子の輪から完全に弾かれる僕。


 

   2005年3月5日   


 (今日のVARY)
  一昨日は桃の節句だったけど、今日は啓蟄(けいちつ)だな。

きむてつ コメント
  で、何が言いたい?


 

   2005年3月6日   


  追いコン、一応少し顔を出してきました。

  追い出し芸を練習し、本番で楽しませてくれた現役部員の方々、ご苦労様でした。そして、二年半にわたって部を支えてきた四回生の皆さんも、本当にお疲れさまでした。

 

  ■   □   ■   □   ■   □   ■

 

  私信 西鮴君へ

   --------------------

  今日はお疲れさまんこでした。そしてサークルでの二年半、数々の要職をこなし、さぞ大変だったことだと思います。本当にお疲れさマラでした。追い出し芸"The Salt"はなかなかストレートで、ひょっとしたらおちこんでるかも…、おちこんでる…、おちんこで…、おチンコでる…おチンコ出る…出す……、そうりゃ俺のチンコだ、はいみんな注目!!てな感じになってるかもしれませんが、後輩に身近で、タブーなくツッコめる先輩だと後輩達から思われてるのだと考え、おちこまずに…、おちこまず…、おちんこまず…、おチンコまずー??、まずいとは何だ!おいしいと言わんか!!


 

   2005年3月7日   


  ゲルベス氏もご自分の掲示板で言っておられたことですが、本当にふざけるなって感じですよ。まずはこの"Jefferson High School"での調査結果をご覧下さい。

   ← これを見ながら以下の文章をお読みください。

 

  この図について、私がふざけるなと言いたいことは二つあります。一つは、繋がりまくりの男について。この調査の対象は半年間の関係についてのものだというのに、図中には最大で十人近い女と繋がっている男もいます。一体どうしてこういうことができるのか。これについてはゲルベス氏が掲示板で「高校というのは,イケメンのためのものではないのですよ」とコメントされており、私もこれについては同感です。

  そしてもう一つ、この図について言いたいのは、ぐっちゃぐちゃの泥沼関係の左上部以外についても、数人の男をはべらせている女がかなりいること。いい気になってんじゃねえよ、ヤリマンが!そしてどうしてお前らもそんなヤリマンの取り巻きになるのかと、数股をかけられている男にも言いたい。

  こんなことを私が言うのは、決して私のO谷高校における高校生活が淋しいものだったから妬みで言っているわけではなく、その……

 

 

    

 

  えっと、男子校でした。


 

   2005年3月8日   


(オチとかは別にない)


  一昨日の夜、電車に乗っていると、近くの座席に男2人女1人の組み合わせの若者が座っており、彼らはかなり大きな声で喋っていたので、彼らの会話が耳に入ってきました。


男1 「なあ、徹マンやったあとの朝の太陽って、何であんなに明るく感じるんやろな。」
男2 「そうそう、不健康な生活してる自分に比べてそう感じるんやろな。ほんで、その後講義とかあったらマジでブルーやんな。」
女  「ふうん。麻雀って、よくやってるん?」
男1 「まあ、それ以外やることなかったら大概やってるな。麻雀とか、やったことない?」
  (やけにテンション高いな。酔ってるだけか、それとも自分が遊んでるって事を女にアピールしたいのか?)
女  「ルールとかわからへんし。」
男2 「ドンジャラと変わらへんって。」
男1 「ドンジャラぐらい、やったことあるやろ。大概、ドンジャラくらい家にあるやろー。」
  (この言い草は、やや間違いだ。ダウトだな。これだと何かドンジャラのない家はおかしいと言ってる感じがして不快感を覚える人もいるだろう。)
女  「ううん、ウチ、ドンジャラも無かった。」
男1 「ええー、大概どこの家にもドラえもんのドンジャラとかあるやろー。」
女  「友達の家にはあったと思うけど、ウチには無かったなあ。」
男2 「まあ、麻雀のルールぐらい、すぐわかるって。」
女  「麻雀といえば、ウチの兄貴、プロの雀士やねん。」
  (おいおい、何ちゅう展開やねん。俺がサイトとかに書く作り話の会話文とは違って、本物の会話の方が意外とこういう本当に突拍子のない展開があるんだな。)
男1 「え、ええ、そうなん?」
女  「うん、何かそんなんやってるみたい。」
男1 「ま、まあ、一芸に秀でてるってのは、すごいと思うよ。」
  (あーあ、男も引いちゃってるよ。何とか頑張ってフォローしてるんだな。)
女  「ううん、別に兄貴、なりたくてなったんやないと思うねん。……[ 以下、ミュージシャンを志して上京するも芽が出ず、バイトでやっていた雀荘のほうが徐々に本業となり、そのうち店を任されて雀荘の店長になり、さらに麻雀の世界にのめり込んで雀士となった兄の経緯を延々と語る ]……ウチは兄貴が何となくだらだらと生きててそうなったと思うねん。ウチの親戚もそんな感じの人多いから、だいたいわかるねん。ほんで、ウチがなまじ大学とか行ってるから、親戚とかに会った時とか、妙な期待とかされてホンマ困るねん。まあ、ウチの兄貴みたいな人生にするのも良くないとは思うんやけど…(以下略)」
  (うわあ、人生語り出しちゃったよ。思わぬ展開で、男二人とも思いっきりテンション下がってるし。もう、全員ダウトだよ! 聞いてる分にはいいけど、こんな会話入りたくねえなあ。ダウトー!!)

 

  もちろん、他人の話を勝手に聞いてる私のダウトは棚上げ。


 

   2005年3月9日   


 (今日のVARY)ダブル爺

  こっち つまらん! が大滝秀治で、こっち まずい〜! 八名信夫だからな。

 

ゲルベス コメント
  で、その知識は一体何の役に立つんですか?


 

   2005年3月10日-1 


 (今日のVARY)
  Mr.Childrenの曲の中から5曲選べって言われたら、メインストリートに行こうInnocent WorldOverまた会えるかな花言葉だな。


 

   2005年3月10日-2 


 (今日のVARY)
  筋肉少女帯の曲の中から5曲選べって言われたら、日本印度化計画元祖高木ブー伝説サボテンとバントラインキノコパワーイワンのばかだな。

ゲルベス コメント
  それ、一曲たりと知りません。


 

   2005年3月11日  


 (今日のVARY)
  小学校低学年の頃、スカートめくりというのが流行っていた。そのころ俺は、どうしてスカートをめくって楽しいのか理解できなかったので、やらなかった。しかし今では、その楽しさが理解できないわけではないのに、スカートめくりは全く流行っていない。矛盾していると思う。

S農 コメント
  そんな社会の矛盾に立ち向かい、志半ばに散った田代氏や植草氏の志を、あなたも受け継ぐべきだと思います。


 

   2005年3月12日  


 (今日のVARY)
  鶯の鳴き声が「ホー包茎キョ」と聞こえるのは被害妄想じゃないかと、お兄さんは思うんだな。

S農 コメント
  それは一体、誰に対して言ってるんですか? ひとつ上野おとこになってください。


 

   2005年3月13日  


  今日の新聞の裏一面にまんが日本昔ばなしの広告が出ていた。

 

    
     「心があたたまる!!」「なつかしくてたまらない!!」 --- 絶賛の声続々と・・・

 

  読者の中でお子さんのいらっしゃる方は是非、購入をご検討されてはいかがでしょうか。古き良き日本のこころ「まんが日本昔ばなし」のとんでもないパロディサイトを作ったS農君とゲルベス氏以外の方なら、「まんが日本昔ばなし」の良さをきっと理解していただけることと思います。

  ただ、広告の左下ですが……

 

 

      あの「ぼうや人形」特別プレゼント

 

  要らない。


 

   2005年3月14日  


  おっす、オラ悟空! それでこれがクリリンの分だァ!!! そしてこれが乳輪の分だァ!!!!

  初っ端からスベってるのはサラッと流しといてください。ここから本題です。最近、街を歩いているとマスクをした人をよく見かけるようになりました。降汁確率69%今のところ花粉症になっていない私は、花粉症の人は大変だろうなと思いつつも、花粉症の人が羨ましく思えることがあります。花粉症とは無縁な私からすると、花粉症の人は微小な花粉粒子にすら過敏に反応するデリケートな人だというイメージがあり、人からそんなイメージを持たれることが羨ましく感じられるのです。晴れた晴れたとノーテンキに喜ぶ私と、天気予報で花粉の飛散量予想を見ては溜息をつき、晴れた日にマスクを着用して外出する花粉症の人。これじゃあどう考えても、後者の方がなんか知的な感じがするじゃないですか。

  しかしそれと同時に、花粉症の人はちょっと情けないんじゃないかとも、私は思います。花粉というのは植物体のおしべから放出される生殖細胞、つまり動物でいうところの精子にあたるものです。いわば花粉症というのは、スギなどの植物の精子を喰らって過敏に反応しているのと同じなわけで、植物ごときにやられっ放しで本当にいいのかと、花粉症の人に言いたいわけです。ちょっとでもくやしいと思うなら、近くの杉林に行って来て、スギに一発ぶちかましてやるべきじゃないでしょうか。今日はホワイトデーなんだから、ホワイトなやつをぶちかますんだ!カエラはメールし放題。そしてカエラに×××かけ放題!!

 

  たぶん花粉症になっても、私は知的とはほど遠い。


 

   2005年3月16日  

便器玉

 (今日のS農)
  「地球のみんな!マラにちょっとだけ元気を分けてくれ!」

 

VARY コメント
  バイエル薬品に話しに行くんだ。


 

   2005年3月18日  


(ニュース23・多爺爭論)

   




はい、注目! 今日のテーマはプラスミン!


確か、それは歯磨き粉のCMで織田裕二が言ってたやつですね。
もうネタとして古いです。スベってます。



ごめん。では改めて。

 

   


  わが国では昨年末に新潟中越で大地震があり、そして世界に目を向けるとスマトラ沖でも昨年末、未曾有の大災害がありました。それゆえこれらの地域では、全域でしばらく復興が不可能であるかのようなイメージが先行して観光客が激減してしまい、せっかくの復興ムードに水を差しているのだそうです。

  ちなみに私はかつて、『風評』とは『風俗店の評判』のことだと思っていました。でも、どうやら世間ではそれとは異なった意味でこの言葉が用いられているようで、辞書で調べると『よくないうわさ』と書いてありました。



  筑紫さん、思いっきり話がそれてますよ!



  じゃあ、いっそのこと、テーマを変えよう!

 

   

 


  いやホンマ、こいつのコーナー、俺のパクリやと思うねん!
  パクリという言い方に語弊があるなら、二番煎じだ。



  これ以上、報道機関どうしでモメるのはどうかと……



  だったら、自分のことを話題にしたらいいんだろ!

 

   

 



えー、はい、今日の多爺爭論でした。


 

   2005年3月19日  


  昨年、街でリュックに加護亜依の写真をつけた人が歩いているのを目撃したと書きましたが、今日またそんな感じの人を駅で目撃しました。昨年見た人と同じかどうかわかりませんが、リュックにつけられた加護のバッジに書かれた「一日一回、あいぼんに感謝」とかいう文字を見るにつけ、やはり私にはこういうものが好きな人の理解が困難だと思い知りました。
  彼のあまりのB級っぷりが私のアンテナを刺激し、私は思わず彼の後ろに回りこみ、携帯のカメラですばやく写真を撮りました。ここまでする私のB級的感性も理解困難だと人に言われれば、返す言葉も無いのだが。


 

   2005年3月20日  


  サークルの同期「おっさん」が京都に来ていたので、同期数名およびS農と学校のそばで飲んできました。相変わらず会話はゴミレベルです。

(その1)

  おっさん「俺はアヤパン至上主義だから。」
  VARY 「バカヤロウ、お前は間違ってる!チカちゃんのほうがかわいいだろ!」
  おっさん「いんや、アヤパンだべ。」
  VARY 「いいか、アヤパンの『パン』ってのは、何か知ってるか? それはな、パイパンの『パン』なんだぞ。」

(その2)

  おっさん「もう最近、シモネタなんて言ってねえなあ。職場だと、なにかというとすぐに『それ、セクハラですよ!』だもんな。」
  VARY 「なるほどな。今や、強制わいせつのように違法性の非常に高いものから、日常会話の中でやや不快感を感じる程度のものまで、全部ひっくるめて『セクハラ』だもんな。」
  おっさん「そうだよ、服装の話題にちょっと触れただけでも、相手がセクハラだと思ったらセクハラなんだよ。」
  VARY 「そうか、例えばS農が『キミ、今日は美人だね』とか言ったらセクハラだけど、福山雅治が『オッパイ揉ませてよ』と言ってもセクハラにならないわけだ。」
  ゲルベス「そうそう、昔VARYさんが部室にあった自分の持ち物置き場に『触ったら触り返す』と書いていたのも、VARYさんだったら冗談ではなく本気でやりそうだと思われるから [ 以下、かなり個人的事情を持ち出され、人格的非難を受ける ]


 

   2005年3月22日  


 (今日のVARY)
  処女でなければヤリマン、ヤリマンでなければ処女という単純二元論は、間違ってる!

S農 コメント
  ヤリマンだけ「マン」をつけるのは平等原則違反だと思います。「処女マン」とか「膜マン」にすべきです。


 

   2005年3月23日  


  今朝のめざましテレビで、生姜を食べながらチカちゃん(お天気担当の高樹アナ)が言った。「おいしくてショウガない。」さらに、「こごみと蒸し鶏のサラダ。蒸し鶏だけに、おいしさを無視(蒸し)できない。」いくらチカちゃんとはいえ、このくだらなさは許し難い。不快である。『チカの傘はどっチカ』というコーナーがいまだに続いていることにも象徴されるように、まだこの国には美人であれば何でも許されるという風潮が根強いのではないかと、健全なギャグ文化を尊重する私は憂慮しています。

  では、マンコー! (※ちなみに「マンコー」とは、「さよなら」に代わる別れの挨拶として私が提唱しているものですが、なかなか浸透しません。)


 

   2005年3月24日  


「貞」王学入門

  ここしばらく、チカちゃんがどうとか処女がどうとかキモキャラ全開の話題を繰り広げているわけですが、もうこの際ですから、ゴミ話題路線を極めていくことにしましょう。今日のテーマは、『童貞のススメ』です。

  「彼女いない歴=年齢、童t(ry」の男が電車内で酔っ払いにからまれてる女性を助けたことがきっかけとなり、恋愛が始まる電車男の話。この話に触発された男が知人に女性を襲わせて自分が助ける演技をしようとして捕まったなんて話が、先日の飲み会の話題で出ていました。実際にこんなことをやってしまった男に同情の余地はないものの、電車で痴漢に遭ってる美女を助けてその後あんなことやこんなことを…なんて妄想を私も童貞中高生時代には脳内で延々と繰り広げていたように思います。気になる女の子に話し掛けられてもほとんど何も言えなくて、家に帰ってから、どんな会話をすべきだったか延々と考え、数時間にわたって極めて役に立たないシミュレーションを脳内で行います。

  何もしなくてもいい女がいくらでも寄ってくる体育会系のクラブの部長や、とにかく体を動かしてナンボのヤンキーたち。そういうヤリチンどもからすると、自分の部屋で紙に好きな女の子の名前を書いたその上に自分の苗字を書いてにやけながらも、妄想と現実の距離を思って複雑な心情を抱く童貞少年の人情の機微など、到底理解できないでしょう。一歩間違ったら犯罪に走りかねない童貞たちの妄想、確かにこれは果てしない無益で非生産的なもののように思えるかもしれません。しかし、童貞はこのものすごく格好悪いプロセスからたくさんのことを学ぶのです。

  彼の不恰好で無駄な妄想は連日繰り広げられ、もしその妄想の一部でも現実に顕出されようものなら、彼は世間からは立派な変人として扱われることでしょう。いくら童貞高校生たちが「男は処女が好きなんだ、だから女も童貞を好きになれ!」とか叫んでみたところで、いっこうにモテる気配などありません。でも、何も考えなくても女が寄って来るモテ男より、格段に人生の深みを形成するのではないでしょうか。

  僕は童貞だったころ、非童貞になったら人生が大きく変わるような気がしていました。でも、僕は童貞を卒業しても、僕のシモネタ非モテキャラは全く揺るぎませんでした。変わったことといえば、童貞時代にひたすらした妄想や、汗を流して本気で取り組んだ無目的で不恰好なことを、あまりしなくなったという程度です。むしろ、童貞だったころに蓄積した思考のプロセスほどに自分を育ててくれたものはないし、今思えばその頃していたことほど創造的なものはないようにすら思えるのです。

  童貞の方は、本気で好きになった女を抱く日まで、いっぱい妄想をして不恰好なことに本気で取り組んで、様々な思考や経験をめいっぱい蓄積していただきたいと思います。非童貞も、昔の不恰好な自分の姿を忘れたり、あるいは消し去ろうとするのでなく、もう一度童貞力を取り戻してはどうでしょうか。


 

   2005年3月25日  


弁当持込禁止。
1000円のカレー喰わんかい、オラオラ!   えっと、今日は愛知万博『愛・地球博』開幕ですか。

  ♪こんにちは〜 くんにちは〜 世界の〜クンニから〜

 

 ■   □   ■   □   ■   □   ■

 

  それはそうと、最近のボツ画像です。作成前の構想とは違う画像や完成度が著しく低い画像をボツにすることがあるのはもちろん、完成した画像の自己主張が強すぎてネタを繰れなかったものや、画像処理に懲りすぎてネタが余計に面白くなくなったものなど、ボツの理由も様々です。

 

[その1] 3月18日・ニュース23より

 

      この画像に付けられるコメントは無い。

 

[その2] アタック25 「今回はあるコメディアンを当ててもらいます」

 

      ぬ〜ぼ〜!


 

   2005年3月26日  


  電車で向かいの座席に露出度の高いブスが座ると、いろいろと迷惑だ。一瞬目線を上げつつも、こんなものを注視しているのかと周囲の人に思われては困る。それゆえ、以後ブスちゃんを見ないように努め、視線を上げたいときは斜め上を見たりせねばならず、視界が不自然に狭くなってしまうのである。


 

   2005年3月27日  


  (これは大問題)


    右や左のだんなさま、米国産牛肉を買ってくださいませ。

 

  ※ 何となく、ちょっとこれは際どい気がするので、とりあえず謝っておきます。どうもすみません。


 

   2005年3月28日  


  スキー女子モーグルで、日本のエース里谷選手がいろいろ大変なことになっている中、上村愛子選手が世界選手権で4位の活躍をし、そして昨日の全日本選手権では上村選手しかできない大技・斜め2回転(7o・セブンオー)を決めて優勝したそうだ。また、女子フィギアスケート安藤美姫選手は、今期は一度もやらなかったものの、4回転ジャンプは女子では公式戦で唯一安藤選手のみが成功した技だそうで、トリノオリンピックでの4回転ジャンプが期待されているそうだ。私はそんな話を聞くにつけ、その上を行く技として、「スキーストック5回転」というのを提唱してみようと考えてみた。あるいは、「あ〜れ〜、おやめくださいお殿様〜」帯回し10回転なんてのはどうだろうか。そんなことを考えているうちに夜が明けた二十代後半のある春の日。


 

   2005年3月29日  


  ムッシュ師とは何の関係もない画像はさておき、今日はついに禁断の更新を行います。最近ネット上で拾ってきたマンコやワレメの画像を、無修正で一挙放出したいと思います。では、ごらんください。まずはワレメの画像です。

 

 

 

 

  埼玉県加須市割目

 

  皆さんの期待を思いっきり裏切ったってのは、よくわかってる!すまんこ!このままの勢いで、次はおまるの画像です。

 

  小丸川

 

  次からは、もう何も言いません。

 

 


 

   2005年3月30日  


  ニッポン放送問題で、ニッポン放送が保有するフジテレビ株をソフトバンク系金融機関(SBI)に貸し株を行ったことに関し、SBIの北尾吉孝CEOが「『大人の解決方法』も頭の中にはある」と発言したそうだ。

  この『大人の解決』あるいは『大人の知恵』とは何なのかということを各マスコミが推測している。中でも有力なのは、ライブドアの保有するニッポン放送株を高く買い取るグリーンメールという方法だとか。しかし、金を積んで解決というのは、あまりに単純すぎないだろうか。『大人』の知恵というほどのものではないように思えてならない。

  ところで、大人のおもちゃといえば、バイブとかピンクローターとか、そういうものを言う。つまり、『大人の解決』とは、こういうことではないか。彼女に内緒で合コンに行ったのがバレた男が彼女の猛攻撃に遭い、何とかその場を繕おうとする。「イヤ、そんなことで誤魔化されないんだから!さわらないで!あっ、イヤ……、あんっ、もう!」 なるほど、大人の解決。

  こんな変態的方法がまかり通るとは、日本の経済界はおかしい。そりゃあホリエモンも、会談をキャンセルするよ。


 

   2005年3月31日  


  ちょうど一年前にファミレスでしゃべってた理学部時代の友人が、明日の朝海外の研究所に旅立つ。向こうでの成功を願ってます。

  ■   □   ■   □   ■   □   ■   □

  昨年のこの時期に作ったものをそのまま転載。

    サクラ降る 季節(とき)に去る友 またいつか 会って飲もうぜ アディオスアミーゴ (字余り)

  今年は、桜の開花が少し遅れているそうです。





  << 2005年2月のログへ
   2005年4月のログへ >>

  << << [ Back to TOP ]